|愛媛県|今治市|めだか|新種|珍品|めだか飼育|通販|















病名 症状 原因 対処法
白点病 白い斑点がメダカの体表に現れる 魚の表面に寄生したもので、伝染力が高く、発見次第すぐに駆除しなければ被害が拡大してしまいます。 水槽の水やメダカ全体が感染している場合が多いので、水槽水が0.5%の濃度になるように塩を入れる。または、メチレンブルー薬剤を利用する。
綿かむり病 メダカの口やエラに白い綿のようなものが付着する。 水カビ病とも呼ばれており、水中に生息している真菌類がメダカの傷口に付着して増殖したものです。栄養状態が良く、体に傷のないメダカであれば発症することは殆どありません。 病気になっているメダカを隔離して治療します。塩水浴で対処するか、グリーンF薬剤を利用します。
尾ぐされ病
尾ビレが細くなり、泳ぎが緩慢になる。また、ヒレが腐ったりささくれたり、溶けたりする。 栄養不足や皮膚の粘膜が弱くなると発症しやすくなる。死亡率の高い病気なので、早急に対処が必要です。グラム陰性細菌による感染症です。 尾ぐされ病にかかっているメダカを隔離し、塩水浴、またはグリーンF薬剤を利用する。
やせ細り病
他のメダカに比べて元気が無く、やせ細っていく。 原因不明の場合が多いが、消化器系の病気が原因と考えられています。 水が汚れていたらリセットや水換えを行い、暫く様子を見ます。

    

Copyright ©極めだか . All Rights Reserved.